BLOG

【高校紹介】京都文教高校

教育情報 【高校紹介】京都文教高校

こんばんは。

京都文教高校の先生にご来塾いただき、学校案内をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

※以下の情報は、2024年度入試の情報です。

 

<ホームページ>

https://www.kbu.ac.jp/kbghs/

<コース>男女共学

◆特進コース(募集人員40名)

 →オール4前後ある方にお勧め。

◆進学コース(募集人員130名)

 →オール3ある方にお勧め。

◆体育コース(募集人員30名)

 

<おすすめポイント>

最寄り駅は、地下鉄東西線「東山駅」(徒歩約3分)です。JR木津駅から通学する場合は、JR奈良線「六地蔵駅」で地下鉄東西線「六地蔵駅」に乗り換えれば、乗り換え回数1回で通学できます(通学時間は1時間弱)。木津川市からすれば少し遠いイメージのある京都文教高校ですが、駅からの近さ・乗り換え回数の少なさを考えると、十分通学圏内に入ってきます。栄えている京阪三条駅まで高校から徒歩10分という近さで、学校周辺には、平安神宮、国立近代美術館などもあり、京都らしい落ち着いた雰囲気も感じることができます。学校近辺で「京都」を楽しみたい人にはお勧めですね。

併設校の京都文教大学へ進学する人は毎年50名前後で、進学コースと体育コースの生徒が中心に進学しています。特進コースは関関同立・産近佛龍への進学を希望する生徒が多く、国公立大への合格者も複数います。特進コースには「国際英語専攻」があり、高校2年生時の長期留学に備え、オンライン英会話や英検合格へのサポート体制も充実していて、海外大学への合格者も複数います(2022年には延べ7名海外大学に合格されています)。入試においても、英検取得者への優遇制度があり、英検2級取得者は入試当日の英語の点数が何点でも100点満点扱いになります(準2級は20点加点)。満点扱いはうれしいですね!

 

長期留学制度やICT教育にも力を入れているので、授業料以外にかかる費用も安くはありませんが、中3の12月段階での5教科合計の内申点が24以上あれば、入学金免除・授業料と教育充実費が全額給付されるなど奨学生制度も充実しています。体育コース生、国際英語専攻生向けの奨学金制度もありますので、ぜひ確認してみましょう!もちろん、京都府の学校ですので「あんしん修学支援制度」など自治体のサポートもあります。

 

5教科内申24・英検2級と、高基準を記載していますが、中学校の内申が各教科3~4が中心の生徒が進学していますので、まだ時間がある方は、合格の可能性が充分にあります。

京都という文化に触れ、落ち着いた場所での学習環境で難関大を目指したい方、スポーツや英語・海外留学に興味がある方は、ぜひ京都文教高校の学校見学に行ってみてくださいね。

また、当塾の学習相談会でも詳しくご説明させていただきますので、気になる方はお問合せください!



【新規開校】キャンペーン実施中!

無料体験は2週間(学力診断テスト含む)。お気軽にお問合せください。